SIMロック解除に関するガイドラインが改正され、従来よりも、その条件が緩和されるようになりました。真っ先にこのガイドラインを下敷きに、制度を改めてきたのがドコモ。5月から仕組みが変わり、2015年5月以降に発売された端末は、すべて100日経過後にSIMロックを解除できるようになりました。

 また、一括購入でもSIMロックの解除が可能になります。お金を先に払ってしまえば、端末を持ち逃げされるリスクがないからです。そのため、すぐにSIMロックを外し、海外渡航時などに現地のSIMカードを挿したいというニーズにも、応えられるようになりました。MVNOに移ったり、MVNOと2台持ちしようとしているユーザーが、これを使わない手はありません。早速、その方法を紹介します。

「My docomo」からSIMロック解除の手続きを行う

 SIMロック解除の手続きといっても、難しいことは一切ありません。まずは、料金プラン変更などの各種手続きができる「My docomo」にアクセスしましょう。ここで、「ドコモオンライン手続き」を選び、画面を下の方にスクロールさせ「その他」の中にある「SIMロック解除」を選択します。

1
My docomoから「SIMロック解除」を選択

 なお、My docomoはスマホからもアクセスできますが、SIMロック解除の手続きは、PCからのみとなっています。スマホでアクセスする場合は、PC版のサイトを表示させるなどしないと、SIMロック解除の項目が現れないため、注意が必要です。

 SIMロック解除に必要となるのが、端末の製造番号(IMEI)。この番号は、端末のパッケージなどに記載されているほか、設定メニューからも呼び出すことができます。この番号をあらかじめ調べておくと、スムーズです。

2
端末のIMEIを入力して、「SIMロック解除を申込む」にチェックをつける

 あとは、「SIMロック解除を申込む」という欄にチェックをつけ、注意事項を読んだあと、「SIMロック解除の注意事項に同意する」もクリックしましょう。手続き内容が表示されるため、ここも画面の指示に従って進めていくだけです。ここから先は、iOSとAndroidで少々手続き方法が異なってきます。

3
SIMロック解除の手続きが完了した。この先は、端末によって手順が異なる

メールに記載されたコードを入力

 Androidの場合、ユーザー自身が端末の操作を行い、SIMロックを解除する必要があります。SIMロック解除の手続きを行った際に入力したメールアドレスに、ドコモからSIMロック解除コードが記載されたメールが届いているはずです。まずは、それをチェックしてみましょう。解除コードは、8ケタの番号になります。

4
SIMロック解除完了の画面のほか、メールにもSIMロック解除コードが記載されている

 この解除コードを端末に入力すれば、晴れてSIMロックが解除されますが、コード入力画面は、どのように表示させればいいのでしょうか。設定には、入力画面は表示されません。答えは、ドコモ以外のSIMカードを挿したときになります。

5

6
他社のSIMカードを挿し、解除コードを入力

 ここで注意したいのが、MVNOのSIMカードを挿す場合。ドコモ系MVNOのSIMカードを挿しても、端末側からは「ドコモのSIMカード」と見なされるため、SIMロック解除コードを入力するための画面が現れません。au、ソフトバンク、もしくはそれらの回線を借りるMVNOのSIMカードを用意しておくか、海外のSIMカードを挿すようにしましょう。

 もっとも、ドコモ系MVNOの場合、SIMロックを解除する必要なく端末を使うことができます。そのため、ドコモ以外のSIMカードが手元にない場合は、無理にSIMロックを解除する必要はありません。ドコモやドコモ系MVNO以外の通信事業者に移るときや、海外渡航で現地のSIMカードを挿すときに、SIMロックの解除も同時に行えばいいのです。ただし、その際にSIMロック解除コードが必要になるため、メールは忘れずに保管しておくようにしましょう。

iOSの場合は特別な手続きは不要

 SIMロック解除コードを手動で入力しなければならないAndroidに対し、iPhoneやiPadなどのiOSは、手続きするだけでOKと手軽です。手順は先ほど挙げたのと同様、My docomoにアクセスし、ドコモオンライン手続きからSIMロック解除を選ぶだけです。

 IMEIを入力しなければならないのは、Androidと同じ。iOSの場合は、「設定」の「一般」にある「情報」からIMEIを見ることができます。この情報を、SIMロック解除の手続き画面に入力します。

7
手続きそのものは、Androidと同じ

 手続きが終わると、Androidのときと同様、メールが届きますが、そこにはSIMロック解除コードが記載されていません。iOSの場合、自動的にSIMロックが外れるからです。iOS端末のSIMロックは、アップルがサーバー側で管理しています。この設定値が書き換わると、SIMロックが自動で外れます。SIMロック解除済みの場合、SIMカードを差し替えてもアクティベーションの画面にならず、そのまま使い続けることができます。

8
iOS端末の場合、SIMロック解除コードの入力は不要だ

 今回、SIMロックの解除を試すにあたり、ドコモ版のGalaxy S8+と、iPad Pro 10.5インチ版を一括で購入しました。どちらも、購入直後にSIMロックを解除することができ、きちんと他社のSIMカードも認識します。Androidの場合、対応周波数の問題などもあり、他社のSIMカードだと性能を十分に発揮できないこともありますが、iOS端末はSIMフリー版と同等になるため、SIMロックを解除する価値は高いと言えるでしょう。一括購入でなくても、100日経過時点で、手続きは忘れずにしておきたいところです。