2017-06-15plk00

いつまで居座るのだろうか?

って思ったことありません? Androidのアプリストア「GooglePlay」の話です。アプリをインストールする場合の多くが、スマホの「Playストア」アプリから行なうことでしょうが、AndroidDehaパソコンからGooglePlayにアクセスしてアプリを遠隔インストールすることもできるんです。

手順としては、パソコンからスマホと同じGoogleアカウントでサインインして、インストールするスマホを選ぶ。すると、スマホ側でアプリのダウンロードが開始されるといった流れ。Androidが登場した当初は「画期的なインストール方法だ!」と話題になっていた記憶があります。

最近ではSNSをはじめとしたアプリへの到達経路が増えたり、Playストア自体が使いやすくなっていたり。PCを使わずともアプリを探しやすいようにはなっていますが、それでも

・特定の目的に沿ったアプリを探したい
・複数のアプリを比べたり、評価をスムーズにチェックしたい

といった場合には、やはり大画面なPCからのアプリ探しが快適です。

 

2017-06-15plk01

この際の画面がこちら。インストール先の端末を選べるわけですが、ここが今回の問題点です。これまで所持していたすべての端末が表示されてしまうのです。古くからAndroidスマホを利用している人なんて、もう何台もの端末がこのリストに表示されることでしょう。

一応、最も新しい端末が一番上に来るようになっているようですが、もう所持していない端末が、いつまでもインストール先に残っている状況は何となく気分がよくありません。きちんと端末を管理するという意味でも、この所持端末リストを整理しておきましょう。

アプリインストール時に端末を非表示にするには?

綺麗さっぱり、Googleアカウントから端末情報を削除できればよいのですが、その方法はありませんGoogle Playヘルプを見ても、端末の非表示やニックネームの追加で対応するような記載。そして

注: Google Play の端末の履歴からは端末を削除できません。

という注意書きまで……。というわけで、現状できる対応策としては、GooglePlayでのインストール時に表示させなくする方法です。

 

2017-06-15plk02

 

パソコンでGooglePlayを開いたら、右上のギアマークから「設定」をクリックします。

 

2017-06-15plk03

 

これまで所持していた(Googleアカウントを登録していた)端末がリスト表示されます。ここで「メニューに表示する」のチェックを外しましょう

 

2017-06-15plk04

 

これで、チェックを外した端末は、インストール先候補に表示されなくなります


所持端末をGoogleアカウントに残しておけるメリットは?

前述したとおり、一度Googleアカウントと紐付けられた端末は、その後も消えず残り続けます(ただし、はるか以前に利用した複数の端末が抹消されていたので、ある一定期間利用しなければ無くなるといった可能性もあります)。今回はアプリインストール時にたくさん出てきて邪魔!というデメリットを解消するための手順を紹介しましたが、端末情報が残っているというのは、ちゃんとメリットもあるのです。

現在も現役利用しており、Googleアカウントが登録されている端末であれば、「Androidデバイスマネージャー」機能でスマホの位置探索や遠隔ロック、遠隔消去などを行なうことができます。


Androidデバイスマネージャー

2017-06-15plk08

 

インターネットに接続できる環境にあれば、古い端末もちゃんと見つけることができますよ。しかし、逆に言えばこれくらいしか端末情報を残しておけるメリットがないので、Googleには手放した端末情報を削除する方法をちゃんと用意して欲しいところです。

 

iPhoneはApple IDから端末情報を削除できる

iPhoneの場合はというと、パソコンからの遠隔インストールは行えませんが、不要になった端末はアカウントの管理ページ「Apple IDを管理」へログインし、「デバイス」項目からから削除することができます。

 

2017-06-15plk09

 

iPhoneやMacを手放した場合、下取りに出した場合はこちらから端末を削除しておきましょう。