170521jk00

知っておかねばならない対策です。

最近、飛翔体に対する緊張感が高まっています。こういった国民保護情報としては、地震や災害に対する警告を素早く発するための「全国瞬時警報システム(通称:Jアラート)」があります。

総務省によりますと、弾道ミサイル情報などもこのJアラートを通じて、市町村の防災行政無線や登録制メール。キャリアを経由するエリアメール・緊急速報メールによって携帯電話やスマホにも届くとされています。

ただ、ここでMVNOはどうなるの?

といった疑問も浮かびますよね。これに対してはIIJmioのエンジニアである堂前氏がブログにてその仕組みから詳しく解説しています。結論から言うと、

「MVNOでもJアラートは受信できるが、受信できるか不明な端末もある」

となります。

Jアラートのしくみと受信可否理由


170521jk01a

Jアラートを含む緊急警報はスマホや携帯電話に届く緊急速報はETWS(Earthquake Tsunami Warning System)といった規格が利用されています。この規格は対象となる地域の基地局から、範囲内全ての端末に一斉送信で送られる方式です。

そのため、基地局からの電波が届く範囲であれば、キャリアは当然。キャリアの基地局を利用しているMVNOでも信号を受信することができるのです(参考:てくろぐ「通常の通信と緊急速報(ETWS)の違い」)。

「なんだ、平気なんじゃん」と、ここで胸をなでおろしてはいけません。IIJの調査によると、「メッセージの種類(ID)」によっては表示できない端末もあるようなのです。

170521jk02

例えば、SIMフリースマホでも多くの機種で、「地震警報」「津波警報」のIDを使ったメッセージの表示には対応しています。一方で、「その他の緊急」や「オペレーター独自定義(任意の文字を送信する)といったIDを使った緊急速報には、ほとんどのSIMフリースマホが対応していないそうなのです。(参考:てくろぐ「基地局シミュレータによるETWS受信テスト」)

そして、弾道ミサイルによるJアラートが発信されたことはまだ無いため、JアラートがどのIDを使ったメッセージになっているのか?が不透明。よって、現状では多くのSIMフリースマホでは「受信できるかどうかが未確認」となります。(キャリアから販売されているスマホでは対応済み。iPhone 5s/5c以降のiPhoneの場合は、SIMフリーでもJアラートは受信できるとしています)。

受信できるか不安な時はアプリを導入する

上記のように、SIMフリースマホにはJアラートを受信できるかわからない機種もあります。そこで、総務省では受信できない(または受信できるかわからない)場合対策として、「Yahoo!防災速報iOS,Android」の導入を勧めています。

170521jk03

地震や津波といった自然災害や、これからの季節に多いゲリラ豪雨への注意報。そして、今回のテーマである武力攻撃や大規模テロなどに備えた警報にも対応しています。Yahoo!によりますと、この警報の内容はJアラートに沿ったものとなり、弾道ミサイルが「日本に飛来する可能性がある」と判断した場合に情報が通知されるとのこと。

そんなアラート発せられないに越したことはないのですが、有事の際に命と財産を守るための大事な情報です。自分のスマホが対応しているかわからない場合、いや。もし対応していたとしても、日々の防災意識を高めるためにも「Yahoo!防災」アプリを入れておきましょう。

また、有事の際はインターネット通信が不通になる可能性もあります。近隣の避難場所の確認や、避難場所までのマップのスクリーンショットなどをスマホに残しておくと良いでしょう。


参考:総務省, てくろぐ(1,2