9月にサービスを開始したLINE MOBILEは、LINE、Twitter、Facebookなどの通信を毎月の通信量から除外する「カウントフリー」を導入し、話題を集めました。その知名度も相まって、注目していた人も多いはずです。一方で、販路はネットだけにとどまっており、ある意味、知る人ぞ知る存在であったことも確かです。そのLINE MOBILEが、3月から本格展開を開始しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

量販店を中心にリアルな展開を加速

 LINEモバイルの代表取締役社長、嘉戸彩乃氏が「当初から想定していた」というように、ネット展開で手ごたえを得た同社は、リアルな店舗展開を加速させています。手始めに、ビックカメラやヨドバシカメラなどの家電量販店に、即時開通のカウンターを開設。ビックカメラ有楽町店のように、LINE MOBILE専用のカウンターを設置した店舗もあります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ビックカメラ有楽町店には、専用カウンターも設置

 格安SIMに詳しい人は、ネットだけでも十分と思われるかもしれませんが、リアルな店舗は、幅広い層にリーチするために重要な存在。「どこで契約できるのか分からない」といった人はもちろんですが、「すぐに使い始めたい」という人や、「実際に人と話して契約しないとなんとなく不安」と感じている人も取り込めるため、大手MVNOにとっては飛躍のチャンスになります。

4
タッチポイントは2017年中に100を超える予定

 実際、ビックカメラ有楽町店でLINE MOBILEのカウンターを見てきましたが、他の有力なMVNOと並ぶ広さで、ブランドカラーのグリーンが明確に主張しており、ひときわ目立つ存在になっていました。土日には、カウンターが満席になっていたほどで、人気のほどがうかがえます。

 また、このリアル展開に合わせて、LINEモバイルは女優の“のん”さんを起用し、テレビCMも開始しました。先に挙げたようにこれまで知る人ぞ知る存在だったLINE MOBILEですが、リアル店舗とCMの相乗効果で、一気に知名度を上げることになりそうです。

新サービスを追加し、より使い勝手がアップ

 単に店舗やCM展開を加速させているだけでなく、サービスにも磨きがかけられています。まず、初夏を目途に、「MUSIC+プラン」のカウントフリーに、新たなサービスが追加されます。現状、MUSICプラスプランは、LINE、Twitter、Facebook、Instagramに加えて、ストリーミング型音楽サービスの「LINE MUSIC」がカウントフリーの対象になっています。詳細は不明ですが、ここに新たなサービスが加わることになります。

6
カウントフリー対象のサービスが増える

 次に、他のMVNOでは当たり前になりつつあった、音声通話の定額サービスも初夏から提供を開始します。MVNOの音声通話定額サービスは、「中継電話」と呼ばれる仕組みを用いるのが一般的。大手キャリアの設備を迂回することで接続料を抑え、そのぶんをユーザーに還元するというビジネスモデルになっています。

7
音声通話定額も提供する予定だ

 LINE MOBILEが提供する通話定額も、この中継電話を使う可能性が高くなっています。こちらも現時点では詳細は不明ですが、LINEを提供する会社なだけに、アプリをLINE内から呼び出せるようにするなど、他のMVNOにはない工夫も期待できるかもしれません。

快適な速度もユーザー満足度の高さにつながる

 カウントフリーの仕組みや、シンプルな料金プランはもちろんですが、LINE MOBILEはその通信速度の高さにも注目が集まっています。新展開の発表会ではユーザー満足度調査も披露され、速度の高さが満足度につながっていることも明らかにされました。速度の高さは、「プラン価格/シンプルさ」「カウントフリー」「データ繰り越し」に次ぐ、4番目で、40%が満足した理由に挙げているといいます。

8

9
満足度が非常に高く、速度の高さはその理由の一端

 実際、筆者もLINE MOBILEをサービス開始当初から使い続けていますが、他のMVNOが苦戦しがちなお昼の時間帯でも比較的速度が速く、あえてスピードテストしなければ「遅い」ということが分からないほどです。もちろん、まったく影響を受けないわけではありませんが、十分快適に使える速度が保たれている印象を受けます。

10
12時台でも20Mbps以上をキープ

 その他の時間帯では、まさに“爆速”なことも。以下のスクリーンショットは、東京・渋谷で電波環境がいい場所で測定した速度の結果になりますが、11時台では回線の大元であるドコモと比べても、そん色ない数値が出ています。このスピードをどこまで保てるのかも、LINE MOBILEの今後を占う鍵となりそうです。

11

12
上がLINE MOBILEで下がドコモ。11時台ではそん色ない速度だ