2017-03-07ik00

一度iPhoneを使い始めると、iPhoneから抜けられないという声も多く聞こえますが、最近のAndroidは優秀で、エントリーモデルでも十分に活用できます。

また、Androidのエントリーモデルは安さも魅力的。特に格安スマホとしてMVNOで扱われているスマホは2万円台から購入できるため、非常にお得に乗り換えられますよ。これらを考えると、iPhoneから格安Androidスマホへの乗り換えというのも多い事例でしょう。そこで、ここではiPhone→Androidスマホへの乗り換え方法を紹介します。

実はすごく簡単だった、iPhoneからAndoridへの移行

2017-03-07ik01

iPhoneからAndroidへの移行は「Googleドライブ」アプリを利用するだけで、さほど難しくはありません。「連絡先」「カレンダー」「写真や動画」などを手軽に引き継ぐことができます。

ただし、クラウド(Googleドライブ)を使ったバックアップとなるため、データ通信が必須。写真も含めたバックアップと復元をしたいのであれば、制限のないWi-Fi環境を推奨します。もし自宅にWi-Fiが無いような場合では、データ転送に長時間かかったり、通信容量をオーバーしてしまうこともあるためご注意くださいね。それらを踏まえた上で手順は以下のようになります。

1.iPhoneの「Googleドライブ」アプリでバックアップ

2017-03-07ik02

iPhoneに「Googleドライブ」アプリをインストールし起動。「ログイン」をタップしてGoogleアカウントでサインインします。Googleアカウントが無い場合はこの際発行しておきましょう。どうせAndroidスマホに乗り換えるなら必要になりますしね!

2017-03-07ik03

「写真や動画のバックアップ」はバックアップする通信の種類を問われます。Wi-Fi接続が利用できるなら「Wi-Fi経由のみ」を推奨。モバイルデータ通信ではバックアップされないので、高速データ通信量が消費されません。Wi-Fiが無い場合は、その下の「Wi-Fiまたはモバイルデータ通信経由」を選択します。ただし、契約しているプランの高速データ通信量をガリガリ消費されてしまうので注意しましょう。

続いて「写真と動画のアップロードサイズ」は「高画質」にしておくと、容量制限なく保存できるのでおすすめです。

2017-03-07ik04

Googleドライブの設定が終わったら、「≡」ボタンをタップし、「設定」をタップします。

2017-03-07ik05

「バックアップ」→「バックアップを開始」とタップします。連絡先やカレンダーへのアクセス許可を求められるので、「OK」をタップして許可を与えましょう。

2017-03-07ik06

インターネット上のGoogleドライブにデータが保存されていきます。ここで保存されるデータは「連絡先」「カレンダー」だけなので、短時間で作業が終わります。「DONE」をタップしてバックアップ画面を終了しましょう。

なお、写真や動画はWi-Fiに接続されている時に徐々にバックアップされていきます。iPhoneを電源に接続して一晩置いておくといいでしょう。

■Wi-Fiが無くてもPCがあれば写真や動画なども移行できる

2017-03-07ik07a

PCを使えばWi-Fiが無くても写真や動画の移行が可能です。Windowsでは「エクスプローラー」からiPhoneを開き、「Internal Storage」下の「DCIM」フォルダをコピー。移行したいAndroidにコピーしなおしましょう。Macでは「イメージキャプチャ」でiPhoneの写真・動画をMacに取り出せます。

2017-03-07ik08

音楽はiPhoneからは取り出せないので、PCに保存されている物を手動でAndroidへとコピーしなおしましょう。

●iTunesの音楽保存フォルダ

■Windows

C:\Users\(ユーザー名)\Music\iTunes\iTunes Media\

■Mac

Machintosh HD/Users/(ユーザー名)/Music/iTunes /iTunes Media


2.AndroidにGoogleアカウントを登録する

2017-03-07ik09

必要なもののバックアップが終わったら、いよいよAndroidへの移行です。しかし、こちらでやることは1つだけ。初期設定をiPhoneで利用したGoogleアカウントで登録するだけです。Wi-Fiが利用できるなら、APNの設定前にすでに通信が行なえるため、Googleアカウントをスマホに設定できます。

2017-03-07ik10

Googleアカウントを設定して初期設定を終えたら、「連絡先」や「カレンダー」が正しく引き継げていることを確認しましょう。

写真や動画は「フォト」アプリで、オンライン上の「Googleフォト」スペースに保存されたものを見ることができます。Googleフォトはアクセスのたびに通信が発生するので、いつでも見たいものはダウンロードしておくと良いかもしれません。

以上、iPhoneからAndroidへの環境移行でした。Wi-Fi環境さえあればとにかく簡単です。Wi-Fi環境が無い場合は、一度PCを経由して写真や動画を受け渡すか、公衆無線LANを上手く活用しましょう。BIC SIMOCNモバイルONENifMoなどは公衆無線LANがサービスに付帯しています。