2017-02-24ad00

「格安SIM」「格安スマホ」はもう一部のギークな人々だけが利用できるアドバンテージではなく、幅広い層に支持される便利ツールとなりました。この春から格安スマホデビューを果たしたい!と計画している人も多いのではないでしょうか。

そこで、格安SIM、格安スマホに乗り換えるに当たって必要不可欠になるであろう、スマホの乗り換え方法を紹介していきましょう。

まずはAndroidスマホからAndroidスマホへ乗り換える場合のオススメ乗換方法です。

簡単そうで実は難しいAndroidからAndroid

Androidはカスタマイズ性も高い端末なので、乗り換えも簡単だろうと思われがちですが、統一された管理・同期システムが存在しないため、実はかなり移行は面倒です。連絡先、カレンダー、Wi-Fiパスワードといった基本的な情報はGoogleアカウントに保存して同期できますが、その他の写真やドキュメント、音楽などは手動での引っ越しが必要になります。

1.基本的なデータをGoogleアカウントと同期する

2017-02-24ad01_2

まずは絶対に残さなくてはならない、連絡先、メール、カレンダー、ブックマークなどのデータをGoogleアカウント保存しておきましょう。ここで注意せねばならないのは、これらのデータを端末に保存している人です。特に連絡先に関しては、端末に保存している人も多いかもしれませんが、改めてGoogleアカウントへとコピーしておきましょう。

2017-02-24ad01

方法は端末によって異なりますが、この機種の場合は「連絡先」アプリのメニューから「連絡先のコピー」でGoogleアカウントに連絡先をコピーすることができました。

カレンダーアプリではGoogleアカウントに登録している予定のみ移行できます。重要な予定は保存先をGoogleアカウントに変更しておくといいでしょう。

2017-02-24ad02

ブックマークに関しては、ChromeにGoogleアカウントを設定して、同期させることができます。

2.Googleアカウントにバックアップする

続いてアプリのデータ(一部)や、Wi-Fiパスワード、その他設定などをGoogleアカウントに保存しておきましょう。

2017-02-24ad03

・「設定」→「バックアップとリセット」→「データのバックアップ」にチェックが入っていることを確認して、「バックアップアカウント」に自分のGoogleアカウントが表示されていることを確認。
・「設定」→「Google」とタップし、自分のGoogleアカウントをタップ。同期項目のそれぞれにチェックが入っていることを確認。メニューボタンから「今すぐ同期」を選択。

これで連絡先や基本的なスマホの設定などは、Googleアカウントへと保存されました。ある意味ここまでできていれば移行はほぼ終ったも同然です。+アルファとして、手動で移行するものを保存していきましょう。

3.写真や動画を手動でコピーする

AndroidにはPCでの同期といった概念がないため、写真や音楽、動画、ダウンロードしたファイルなど、必要なデータは手動でバックアップしておく必要があります


・DCIM(カメラの写真や動画が保存されている)
・Download(ダウンロードしたファイルなど)
・Music(音楽ファイルなど)
・Movie(動画ファイルなど)


 方法はPCを使った方法と、Android単体での方法があります。

 ■PCがある場合

2017-02-24ad04

PCがある場合は、パソコンとAndroidとをUSBケーブルで接続して、必要なファイルをPCに一度バックアップします。Androidは「メディアデバイス(MTP)」など、ファイルを取り出せる接続モードで接続しましょう。

 

2017-02-24ad05

・Windowsの場合
Windowsではスマホを接続すると端末名のデバイスとして認識されるので、そちらを開きます。端末内のストレージにアクセスできるので、必要なファイルをデスクトップなどにコピーしておきましょう。

 

2017-02-24ad06

・Macの場合
MacではAndroid端末にアクセスするために「Android File Transfer」というGoogle公式のアプリが必要です。端末をMacと接続後、アプリを起動すると端末のストレージが表示されるので、必要なファイルをバックアップしましょう。


■PCがない場合

2017-02-24ad07

PCが無い場合はSDカードを利用して必要なファイルをSDカードにバックアップしていきます。ただし、Androidの機種によってバックアップの可否や方法が異なるのです

●ケース1.スマホ標準のファイル操作アプリがある場合

スマホに最初からファイル操作アプリが用意されている場合は、そちらを利用して必要なファイル・フォルダをSDカードにバックアップしましょう。ほとんどのスマホは、標準で何かしらのファイル操作アプリが用意されています。

2017-02-24ad08

こちらの機種は標準アプリとしてファイル操作機能を持つアプリがあったため、そちらを利用しました。


●ケース2.スマホ標準のファイル操作アプリが無い場合(Android 4.4)

スマホ標準のファイル操作アプリが無い場合は難しくなります。ここで注意したいのが基本ソフトウェアのバージョンが「Android 4.4」の場合は、自分でダウンロードしたファイル操作アプリではSDカードにデータを書き込めないということです(Android 4.4が外部アプリでのSDカード操作を禁止しているため)。そのため、PCを使った方法。もしくは後述するバックアップアプリを使った方法が必要となります。


●ケース3.スマホ標準のファイル操作アプリが無い場合(Adnrodid 5.0以降)

スマホ標準のファイル操作アプリが無くても、基本ソフトウェアのバージョンが「Android 5.0」の場合は、事前にアクセス許可を与えることでSDカードにデータを書き込めます。

2017-02-24ad09

Yahoo!ファイルマネージャー」などのファイル操作アプリを利用し、必要なファイル・フォルダをSDカードにバックアップします。その際は、画面の指示に従ってアクセス許可を与え、操作していきましょう。

4.バックアップしたデータを復元!

バックアップが完了したら、新しいスマホでデータを復元していきましょう。ここでやることは2つ。「同じGoogleアカウントの設定」と、「必要なデータの復元」です。

同じGoogleアカウントさえ設定できれば、Googleアカウントに保存した連絡先やカレンダーなどの情報はそのまま引き継げます。ここではWi-Fiが利用できないことを想定し、モバイルデータ通信でも可能な移行方法を採用しました。

●まずはAPNを設定しておく

2017-02-24ad10

利用する格安SIMをセットしたら、設定画面の「無線とネットワーク」から「モバイルネットワーク設定」で、利用する格安SIMのAPNを設定。モバイルデータ通信を利用できる状態にします。今回は、端末起動後にAPNを設定することを想定していますが、機種によっては初期設定中にAPNを選べる場合もあります。

●同じGoogleアカウントを登録する

2017-02-24ad11

通信できる状態になったら設定画面の「アカウント」→「+アカウントを追加」→「Google」とタップ。前のスマホと同じGoogleアカウントを追加しましょう。

なお、初期設定の途中ですでに追加した場合はこの手順は不要です。

2017-02-24ad12

Googleアカウントに保存した情報が同期され、連絡先やカレンダーなどを引き継ぐことができます。以上で基本的なデータの引き継ぎは完了です。

●番外編

なお、家庭にWi-Fiがある場合は、新旧2つのスマホを使って環境を移行する「端末が増えた場合」機能が便利です。これは端末の初期設定時に利用できる環境移行機能で、近くの端末をWi-FiとBluetoothでスキャンして、各種設定を引き継ぐというデータ移行方法です。

2017-02-24ad13

利用するには新しいスマホの初期設定で、「端末が増えた場合」まで進めたら「別の端末からGoogleアカウント、アプリ、データをコピーする」にチェックを入れて設定を進めます。古いスマホでは「Google設定」→「付近の端末の設定」→「次へ」→表示された端末名をタップ。

2017-02-24ad14

同じコードがお互いに表示されたら「次へ」→「コピー」とタップすればOK。あとはGoogleアカウントを入力し、画面の指示に従って進めれば復元は完了です。この方法を利用すると、同じGoogleアカウントを設定するよりも、多くの情報を引き継げます。インストールしていたアプリなども復元(自動的に再ダウンロード)されます。

●写真や動画などを書き戻して移行完了

最後に、PCに保存した写真や動画のフォルダを、バックアップとは逆の手順で新しいスマホに書き戻しましょう。SDカードにバックアップした場合はそのままSDカードを新しい端末に差し直すのでもOK。そちらのほうがお手軽かもしれません。

Wi-Fiがあれば写真や動画のバックアップと復元はGoogleフォトがオススメ

おそらくスマホの中で最も大きな容量を占めているのが、カメラの写真や動画でしょう。これらをバックアップすると考えるから、PCやSDカードが必要になって複雑になります。もし、自宅にWi-Fiがあれば写真や動画は「Googleフォト」を使ってバックアップするというのも手段のひとつです。

2017-02-24ad15

GoogleフォトはGoogleアカウントにカメラで撮影した写真や動画を自動かつ無料でバックアップできるサービス。容量無制限の「高画質」設定であれば、写真のサイズはやや小さくなるものの、いくらでも制限なしにオンライン上に保存でき、同じGoogleアカウントを設定すれば、どの端末からでも見ることができます。

2017-02-24ad16

どの端末からでもオンライン上に保存したデータにアクセスできるため、写真移行という概念が無くなります。

ただし、写真や動画データをアップロード・ダウンロードすることになるため、利用環境はWi-Fiが推奨。モバイルデータ通信でも利用できますが、容量の少ない格安SIMではおすすめできません。もし、容量の少ないプランでも利用したいのであれば、BIC SIMOCNモバイルONENifMoなどの公衆無線LANが利用できる格安SIMを選ぶといいでしょう。

以上、AndroidからAndroidへの環境移行でした。やや複雑でやることが多いのですが、大事なデータはGoogleアカウントに保存しておく。というのをきっちりと守れば、手順自体はそう難しくはありません。最近は格安スマホも性能の良いものが増えてきました。ぜひ、スマホごと乗り換えて快適な環境を手に入れましょう。