iPhone 7、7 Plusなどで買い物の支払いができる、「Apple Pay」がついに日本でスタートしました。キャリアの制限はなく、端末さえ持っていれば格安SIMでも利用が可能。おサイフケータイが利用できるSIMフリースマホは種類が限られていますが、iPhoneが対応したことでユーザーにとっては選択肢が一気に広がった格好です。

1

 とは言え、Apple Payとおサイフケータイは別物。店舗での支払いの手段に「FeliCa」と呼ばれるICチップを使っている点は共通していますが、その上のプラットフォームはあくまでApple Payというアップルが用意した仕組みになります。チップの上にお財布としてのプラットフォームがあり、その中に各種サービスが入ってくると考えると、理解しやすいかもしれません。
20161108-2

 現在、Apple Payに対応しているサービスは、iD、QUICPay、Suicaと、いずれもおサイフケータイでおなじみのもの。iDとQUICPayはクレジットカード、Suicaはプリペイド型の電子マネーになり、Apple Pay上ではそれぞれが1つのカードとして並列に扱われます。

3
Walletアプリに複数枚のカードを格納できる

設定方法は非常にシンプルですぐに始められる

 設定方法はシンプルで、iDやQUICPayの場合、WalletアプリからクレジットカードをiPhoneのカメラで読み取らせるだけでOK。セキュリティコードなどの入力はありますが、基本的に、操作はiPhone上で完結します。iDとQUICPayのどちらが割り当てられるかは、クレジットカード会社によって決まるため、ユーザーが複雑なことを考える必要はありません。

4

5
カメラで読み取るだけと設定も簡単

Suicaの場合、発行手段がいくつかあり、すでにカードを持っている場合は、iPhoneに読み取らせて、残高などをそのまま移すことができます。手持ちのSuicaがないときは、App StoreからSuicaアプリをダウンロードして、新規に登録することもできます。ちなみに、Suicaのチャージもクレジットカードで行えますが、実は2つの方法があります。1つがApple Payを使う方法。もう1つが、Suicaアプリにクレジットカードを登録する方法です。

6
カードをiPhoneに読み取らせることが可能

 前者の場合、Apple Payにオンライン決済が可能なクレジットカードを登録しなければなりません。ただ、シェアの高いVISAカードが非対応となっている点には注意が必要です。後者の場合はJR東日本のビューカードがあれば、オートチャージの設定もできます。

7
チャージの方法は2種類

利用時にはTouch IDでの認証が必要に

 利用時の“お作法”は、おサイフケータイやカードとは少々異なります。セキュリティを重視しているため、Apple Payでは、基本的にTouch IDでの認証が必要になります。Walletアプリ起動時にカードを選んでホームボタンに指を置くか、ロック時にホームボタンをダブルクリックしてそのまま指を置いておけば、認証は完了。あとは、支払用の端末にiPhoneの先端を向けるだけです。ダブルクリックが面倒なときは、指を置いて支払い機に端末を近づけるだけでもOKです。

8
支払い時にはTouch IDの認証が必要になる

 複数枚カードを登録しているときはメインカードの設定が可能で、ロック時にホームボタンのダブルクリックで開くのもこれになります。メインカードの切り替えはWalletアプリでカードの順番を入れ替えるだけでOKと、操作方法も直感的です。

9
ロック中でもダブルクリックでメインカードを呼び出せる

Suicaに関しては、登録時などに「エクスプレスカード」というものに設定することができます。このエクスプレスカードに指定しておくと、改札などを通過する際に、Touch IDでの認証が不要になります。まさに、カードのSuicaやおサイフケータイのモバイルSuicaと同じように使えるというわけです。

10
Suicaはエクスプレスカードに設定できる

おサイフケータイ対応モデルにも注目

 一方で、プラットフォームが異なるため、おサイフケータイにあったプリペイド型の電子マネーはSuica以外、ほぼ非対応になります。セブンイレブンなどで使えるnanacoや、イオンで使えるWAON、幅広い店舗に広がっている楽天Edyなども、現時点では非対応。各種航空会社のサービスも、非接触決済では利用できません。

11
対応電子マネーが多いおサイフケータイ

 そのため、これらのサービスを使いたいときは、やはりおサイフケータイ対応端末を購入することをオススメします。SIMフリースマホであれば、「arrows M02」や「arrows M03」などが対応。シャープ製のAQUOSにも対応モデルが多く、国産スマホが選択肢になります。

 かつてはSIMカードによる制限などもありましたが、現在ではそのような縛りもなくなっています。そのため、中古のキャリア端末でおサイフケータイを使うというのも、有力な手段と言えるでしょう。