メッセージアプリではスマホの定番と言えるLINEが、ついにMVNOに本格参入しました。サービス名はLINE MOBILE。料金的には他のMVNOと大きな違いはありませんが、LINEやTwitter、Facebookといったサービスでの通信が無料になるのが特徴です。さっそく、このLINE MOBILEのSIMカードを入手し、使い勝手を試してみました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

料金プランは月額500円から

 LINE MOBILEの料金は、主に2つに分かれています。1つが「LINEフリー」と呼ばれるもの。こちらはLINEのみ、通信量のカウントから除外され、1GBの通信ができます。料金はデータ通信のみで月額500円です。

2
LINEフリーの料金は月額500円から

 もう1つが「コミュニケーションフリー」。こちらは容量を3GB、5GB、7GB、10GBから選択でき、LINEに加えて、FacebookやTwitterの通信もカウントフリーの対象になります。選ぶプランによって、カウントされないサービスが変わってくるというわけです。

3
コミュニケーションフリーは、4種類のデータ容量を選べる

 LINEフリーの料金は500円からですが、ここにSMSをつけると120円、音声通話とSMSをつけると700円が追加でかかります。これに対してコミュニケーションフリーには、データ通信のみという選択肢がありません。料金プランはすべてSMSつき。音声通話を加えると、580円が追加でかかる仕組みです。

 料金を見ると、他のMVNOとほぼ同水準。MVNOで一般的な3GBのプランは月額1110円で、1040円のIIJmioよりやや高く設定されていますが、違いは70円しかありません。ただし、コミュニケーションフリーではSMSなしが選べないため、SMS不要でデータ通信だけをしたい人には、少々割高になってしまいます。

 それでも、LINEやTwitter、Facebookの通信が無料になると考えれば、事実上、通信できる容量はもっと多いことになります。特に画像や動画のやり取りを頻繁にするというような人であれば、そのお得さが分かるはずです。

本当にLINEの通信はカウントされない?

 では、本当にLINEなどの通信は、カウントフリーの対象になるのでしょうか。実際に、LINEフリーのSIMカードを挿し、試してみました。分かりやすいように、動画を送ってみます。まずは、動画送付前にLINEで使っているデータ量を確認。LINE MOBILEのSIMでは、1MBも通信していないことが分かります。

5
LINEで1MBも通信していない状態のiPhone 7

 また、現状、LINE MOBILEで何MB通信しているかもチェックしました。LINE MOBILEはデータの残量をLINE MOBILE公式アカウントから簡単に調べられるのも特徴。あらかじめアカウントを紐づけておけば、他のキャリアのように、わざわざマイページにアクセスする必要はありません。

 その情報によると、170MB残っていることが分かります。

6
データの残量は170MB

 この状態で、LINEで動画を送ってみました。動画の長さは1分弱です。送付後に改めてデータ量を確認してみたところ、○○MBになっており、確かに動画が送られていることが分かります。一方で、LINE MOBILEのデータ残量は、前と変わっていません。LINEの通信はカウントされていないというわけです。

7

8

9
端末側で測定したデータ量にはカウントされているが、実際にはデータ残量がカウントされていないことがわかる

 気になる通信速度は、かなり高速。筆者がテストした限りでは、本家本元であるドコモとそん色ないスピードが出ています。

 ただし、まだLINE MOBILEは本サービスが始まったばかりで、ユーザー数も限られています。そのため、帯域をある程度多めに借りておけば、快適に通信できるのは当たり前。快適さを見極めるには、もう少し時間が必要な点は注意しましょう。

10
お昼の混雑時間帯も、今のところは高速に通信できる

端末のセット販売も、店頭購入の開始にも期待

 LINE MOBILEは、ドコモからネットワークを借りています。そのため、他のドコモ系MVNOと同様、ドコモの端末であればSIMロックがかかっていても、そのままAPNの設定を変更するだけで利用できます。

 また、端末を持っていないときは、LINE MOBILEから購入することもできます。端末は1万円台のZTE「Blade E01」から、5万円弱のシャープ「AQUOS」まで、一通りのラインナップがそろっています。本サービス開始キャンペーンとして、ZTE「Blade V7lite」や、富士通「arrows M02」はセールも行われているので、お得に移ることもできます。

11
端末のセット販売も行われている

 一方で、ネックなのが現状ではネット販売しかない点。申し込みをして届くのに、最短でも翌日まで待たなければなりません。MNPはSIMカードが届いてから実施することができるため、電話の不通期間はありませんが、すぐに使い始めることができないのはネック。端末の操作感を確かめることもできません。

 LINE MOBILEでは、今後、リアルな店舗に出店する計画もあるといい、徐々に販路を広げていく方針。気軽に契約できるようになれば、勢いを増す可能性もあります。