DSC_9392
インターフェース一新です。

BIC SIMやみおふぉんなど、IIJ系のSIMを使っている方は、「みおふぉんダイアル」アプリを使うことで、通話料が半額になります。通常の音声通話が20円/30秒のところ、10円/30秒になるのです。

仕組みとしては、相手の電話番号の前に特定の番号を加えて発信するという、プレフィックス式の通話となります。詳しい使い方や、どのくらいお得なのか? といった情報は、「格安SIMの通話料が最大60%OFF!みおふぉんダイアルアプリ、5つのポイント」で解説しているので、そちらを参照してください。

 

突如アップデート! インターフェースが一新!!

このみおふぉんダイアルアプリですが、今月急にアップデートが行われ、インターフェース(画面・使い方)が一新されたのです。

2016-09-15miok01
こちらが今までのインターフェース。電話帳はかなり独特なデザインで、ダイアル画面はややiPhoneのダイアル画面と似ています。

2016-09-14mio02

そしてこっちがリニューアルされたみおふぉんダイアル。できることは変わっていませんが、ユーザの意見を反映し、より使いやすく進化しています。ベーシックな操作方法を紹介していきましょう。

みおふぉんダイアルアプリの新インターフェース解説

●発信履歴・よく使う連絡先

2016-09-14mio03

まず基本のインターフェースを解説していきます。起動して最初に表示されるのが「発信履歴」と「よく使う連絡先」。多くの方が履歴から発信していると思うので、この画面が最初に出てくるのは正義!

●連絡先(一覧)・ダイアル

2016-09-14mio04

連絡先はグループ表示対応で、大量の連絡先も見やすく管理できます。検索ボタンもあり、タップすると検索欄が表示されて相手の名前や番号などで検索が可能。でも、検索欄は常時表示してれても良かった気がします。

ダイアルパッドはシンプルなデザインです。ただしボタンをタップした時に「ピッポッパッ」といったダイアル音が鳴りません。押した!というフィードバックを受け取れないため、若干戸惑ってしまいます。

同じくプレフィック式の電話アプリである「楽天でんわ」ではプッシュ音は対応していることから、アプリ上の制限ではないはず。次回のバージョンアップに期待したい項目ですね。

 

●連絡先(個人)・連絡先の編集

2016-09-14mio05

連絡先から対象をタップすると、連絡先の情報が表示されます。ここではコールを発信したり、相手を「よく使う連絡先」に登録できたり、連絡先を編集することもできます。

連絡先はアプリ独自ではなく、端末自体の連絡先と連携しています。そのため、ここで編集した内容はちゃんと標準の連絡先でも適用されますよ。

●新規連絡先の追加

2016-09-14mio06

新規連絡先を追加するには連絡先の一覧画面で、メニューボタンをタップ。「新規連絡先の追加」をタップしましょう。なお、こちらからは「グループの並び替え」も可能です。


みおふぉんダイアルで電話をかけるとどうなる?

2016-09-14mio07

みおふぉんダイアルアプリで電話をかけると、通常の「電話」アプリが起動。連絡先相手の電話番号の前に「0037-691-」が加えられて発信されます。

これでは誰からの電話なのかわからないのでは?

2016-09-14mio08

と不安にもなるかもしれませんが、そこは大丈夫です。相手には「0037-691-」が省かれた番号として着信するので、ちゃんと自分からの着信であるとわかりますよ。

みおふぉんダイアルアプリは申し込み不要で、通話料は常に半額の10円/30秒。家族間(同一mioID)なら、さらに割引されて8円/30秒。

また、みおふぉんダイアルアプリを使うことで、30分以内(月額830円)/10分以内(月額600円)の通話が何度でもかけ放題になる「通話定額オプション」も利用可能です。こちらは月額制の有料プランですが、たくさん電話をかけるという方には見逃せないプランですね。

IIJ系のMVNOを使っているなら「みおふぉんダイアル」は必須。最近はLINEなど連絡手段が増えており、相対的に音声通話の利用頻度は下がっていますが、それでも電話番号宛に発信する機会はゼロではありません。

そんな時でも、賢く節約。通話料半額の「みおふぉんダイアル」アプリを活用しましょう!