00

サービスがさらに拡充されます。

つい先日、「みおふぉん」や「BIC SIM」などで人気のIIJmioが、大きなサービス拡充を発表しました。具体的な内容としては以下のようになります。

(7月1日よりスタート)
1.ライトスタートプランが5GB→6GBへ増量!
2.ファミリーシェア新規契約時のMNP2,3枚目SIMの発行手数料0円!

(7月7日より受付開始)
3.すべてのプランでSIMの追加が可能に!
4.複数のプランを1つのプランにまとめられる!
5.モバイルオプションに「music.jp」が追加!

01

1番のライトスタートプランの増量は素直に喜ぶべきですね。7月1日より自動的に6GBになるようですよ。

また、3番のSIM追加も要注目です。ミニマムスタートプラン、ライトスタートプランで1枚SIMカードが追加できるようになります。SIMの追加手数料は2000円、月額400円の追加料金がかかかりますが、ミニマムやライトスタートくらいの容量でシェアしたい!というニーズも確かに多かったため、これは良い変更。

また、7月7日〜7月31日までの間は、SIMカード追加の手数料を割引するキャンペーンも実施されます。BIC SIMカウンターでのSIMカウンターカード追加もキャンペーン対象ですよ。

022

そしてびっくりしたのが4番、これはずーっと待ちわびていた変更です。同じmioID内で複数のプランがあった場合、片方のプランに集約できるというシステムとなります。変更手数料として2,000円かかりますが、これまでやむなしに別々の契約に分けなければならなかったプランを1つに集約できるかもしれないのです。


ファミリーシェアプランとミニマムスタートプランを契約している僕の場合

現在僕がファミリーシェアプラン(10GB)で音声1+データ2の3回線。さらに妻がミニマムスタートプラン(3GB)を使っています。なぜファミリーシェアプラン1つに統合しなかったというと、当時別々の電話番号からファミリーシェアプランへまとめるMNPはできなかったんです。そのため、こういった形に分けることになりました。

I01

・ファミリーシェアプラン+ミニマムスタートプランの維持費
3,260円+1,600円=4,800円/月(10GB/3GB)

これを1つのファミリーシェアプランにまとめると、どのくらいオトクになるのでしょうか。計算してみましょう。なお、ファミリーシェアプランは3枚までなら無料でSIMカードを追加できますが、僕の回線のデータSIM2枚はiPadに使っています。そのため、新たに妻の音声回線を入れるとなると、SIMカード追加料金の400円が発生します。また、音声通話SIMですので音声通話付帯料700円がかかります。

I02

・ファミリーシェアプランにプランをまとめた場合の維持費
3,260円+400円+700円=4,360円/月(10GBをシェア)

月額440円ほど安くなります。3GB分の価値が440円と考えるとううむ…どうなのだろう? とも思っていましまいますが、専業主婦でほぼほぼ自宅に居る妻は3GBを使い切っておらず、繰越分だけでまかなえている程なので、吸収させてしまってもいいかなと思っています。


ミニマムスタートプランを2回線契約している両親の場合

現在ミニマムスタートプラン(3GB)を2回線契約している、両親の場合ですと、父1,600円、母1,600円で合計3,200円(3GB・3GB)というスタイルです。

I03

・2回線のミニマムスタートプランの維持費
1,600+1,600=3,200円/月(3GB/3GB)

これを例えばライトスタートプランへまとめるとなると以下のようになります。

ライトスタートプラン(6GB)1回線目2,220円。2回戦目は400円の追加料金がかかり、さらに音声通話SIMですので音声通話付帯料700円がかかるため、合計金額は…。

I04

・ライトスタートプランにまとめた場合の維持費
2,220+400+700=3,320円/月(6GBをシェア)


容量は変わらずに価格は高くなってしまいました。これは…微妙です。2人でミニマムである場合は、ミニマムスタートプランを2回線維持しておいた方がオトクというわけです。ただし、あまりにも外で通信しなくて、毎月のデータ使用量が2回線合計で3GBに満たないというのであれば、ミニマムスタートプランに2回線詰め込むといったプラン変更もアリかもしれません。その場合は以下のような料金になります。

I05

・ミニマムスタートプラン(3GB)に2回線をまとめた場合の維持費
1,600+400+700=2,700円/月(3GBをシェア)

月額620円安くなります。シニアとはいえ、旅行好きな夫婦2人が3GBでひと月やりくりできるのかは難しいところですが、とことん安く抑えたいのであればこういう選択肢もあるわけですね。

夫婦二人でスマホで、通信費3,000円以下という恐ろしいコストパフォーマンスを発揮します。このプランすごい。


注意点として、こちらはBIC SIMカウンターでの手続きはできません。まだ詳細な手順は発表されていませんが、おそらくWeb上で自分で行なうことになるのかも。また、最低利用期間が過ぎていないとプランの集約ができないという点にも注意が必要です。

両親はこの記事で紹介しているとおり、先月BIC SIMにMNPしてきたばかりなので、あと1ヶ月はプラン集約できません。

02

しかし、利用スタイルを調査せずにプラン変更してしまうのは危険です。まずはこの1ヶ月で使い方を見させてもらって、もし3GBも毎月使わないようであれば、来年のこの時期に提案してみようと思います。

しかし、ホント。渇望されていた契約をまとめるサービスが追加され、IIJ(BIC SIM)ユーザーとしては嬉しい限り。人によっては本当にガッツリと安くなるかもしれないプランなので、検討してみると幸せになれるかもしれません。

いや、格安SIMって本当に安く、便利になりましたねぇ(しみじみ)。