SIMフリー端末メーカーとしてだけではなく、MVNOとしても勢いを増しているプラスワン・マーケティングのFREETEL。そんなFREETELが「FREETEL World 2016 Spring/Summer」と銘打った発表会を開催しました。

 ここでは、新端末の「SAMURAI REI」だけでなく、新販売方式や新料金プランなどまで、幅広く発表されました。また、同社は女優の佐々木希さんを起用し、初となるテレビCMも始めます。その発表会の様子を、レポートしました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

勢力を急拡大するFREETELの現状

 FREETEL Worldでは、プラスワン・マーケティングの代表取締役社長、増田薫氏が、同社の現状を解説しました。あくまで自社調べという点には注意が必要ですが、SIMフリースマホとしてのシェアは、2月末で46%。MVNOについては、ポストペイで20%のシェアを獲得したといいます。

P5170012

P5170015

端末、SIMともに好調

 

 同時に、SIMフリースマホ自体の市場規模も、急速に拡大しています。背景には、総務省が大手3キャリアに課した、「実質0円禁止」があります。増田氏は、BCNの調査結果を引用しながら、1月には13%しかなかったSIMフリースマホのシェアが、4月には36%まで上がっていることを語りました。

P5170027

SIMフリーが端末市場でのトレンドになりつつある

 

 もちろん、SIMフリー端末といっても数は多く、必ずしもFREETELの機種が選ばれるとは限りません。これは、SIMカードに関しても同様です。これに対して増田氏は、これまでFREETELが行ってきた各種施策を紹介。中国工場で生産しながら、日本品質を取り入れる努力をしてきたことや、ユーザーニーズに即した料金プランを導入したことなどを解説しました。

 

 そんなFREETELが、この発表を機に、「FREETEL 2.0」へと進化するとのこと。より「一般」のユーザーが買いやすい形に、姿を変えていくそうです。

P5170032

FREETEL 2.0として、一般ユーザーをさらに重視

 

フルメタルボディを採用した新端末の「SAMURAI REI」

 その一翼を担うのが、SAMURAIシリーズの最新モデル「REI」です。このスマホは、フルメタルボディを採用した質感の高さが特徴で、アルミは「53工程かけた」という手のこみよう。増田氏はアンテナのラインがiPhone 6sよりすっきりしていることや、Xperia Z5よりスリムなことを、強調します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

フルメタルボディの「REI」

P5170113

P5170115

iPhone 6sやXperia Z5との比較も

 

 「開発力がついた」というように、ソフトウェアにも以前より、しっかり手を入れてきました。ホーム画面はAndroidのお作法とは異なり、ホームとアプリ一覧の区別がないものが搭載されています。画面下からフリックすると、各種設定のボタンが出るなど、使い勝手にも工夫が施されています。

P5170360

画面下から設定用のパネルがせり出す仕組み

 

 少々iPhone風ではありますが、ホームボタンも搭載。これは、タッチセンサーと指紋センサーも兼ねており、「戻る」など操作を行うことも可能となっています。Androidをよりカスタマイズし、シンプルな操作性を追求したのが、REIのソフトウェア面での特徴だと言えるでしょう。

 

新販売方式を導入、料金プランは「容量別」も用意

 このREIを気軽に購入できる販売方法も導入しました。それが、「REIプレミアムバリュープラン」。月額料金は2990円からで、ここには端末代のほか、通信費や最大60分の無料通話、端末の補償サービスが含まれています。

P5170154

2990円からの、「REIプレミアムバリュープラン」

 

 低価格なキャリアとして勢いを増しているワイモバイルは、1GB、2980円からの料金プランが人気を博していますが、ここと真正面からぶつかる施策を導入したというわけです。

 

 このプレミアムバリュープランは、他のSAMURAIシリーズにも拡大。「KIWAMI」は3510円から、「MIYABI」は2490円から、「MUSASHI」は2730円からとなります。端末と通信費が一体となったプランですが、やはり一般ユーザーにとっては、その2つが別々なのは分かりにくいかもしれません。こうしたところからも、FREETELが「一般ユーザー」を狙いにいっていることがうかがえます。

P5170163

既存のモデルにもプレミアムバリュープランを拡大

 

 ちなみに、299円から始まる段階制の料金プランを採用していたFREETELですが、これに合わせ、新たに従量制の料金プランも導入しています。用意している容量は、1GB、3GB、5GB、10GB、20GB。従来プランにあったApp Storeの通信量や、LINEのトークの通信量をカウントしないサービスも継続しています。

P5170073

容量別の料金プランもスタート

 

新CMでワイモバイルを牽制? 佐々木希さんを起用

 これまでは知る人ぞ知るFREETELですが、ついに、テレビCMの放映も開始します。テレビCMを展開し、一般ユーザーの認知度も上げていきたいというのが、その狙い。しかもCMには、ワイモバイルの前身、ウィルコムでCMに出ていた、女優の佐々木希さんが出演します。

P5170190

新CMには佐々木希さんを起用

 

 CMの内容も、非常にアグレッシブ。チーターの耳と手をつけた佐々木希さんが、「ニクキュー」とさけぶ内容ですが、これは299円から始まる料金プランにかけたもの。猫が出て「にゃんキュッパ」というキャッチフレーズを使う、ワイモバイルに徹底対抗しており、話題を呼びそうだと感じました。

 

 こんなところからも、FREETELが、規模の拡大に向け、全力を注いでいることがうかがえました。最後に、フォトセッションの様子を写真でお届けします!

P5170277

P5170231

P5170254

P5170328

P5170352