00

使いすぎると遅くなります。

これはキャリア(携帯電話会社)だろうが、MVNOの格安SIMだろうが一緒。スマホのデータ通信は契約によって通信できるデータ量が決まっており、それを超えると極度に通信速度が制限されてしまいます。

例えばキャリアではdocomoのプランですと、「データMパック」で5GB/月。これを使い切ると通信層度は128kbpsに制限されます。MVNOではみおふぉんの「ライトスタートプラン」でも同じく5GB/月を使い切ると、200kbpsに制限されてしまうのです。

01

制限後の速度はみおふぉんの方が若干速めですが、どんぐりの背比べと言ったところでしょう。どっちも遅くてストレスが貯まることに違いはありません。

通信制限に引っかからないためには?

使いすぎると遅くなります。

しかし、このデータ量がカウントされるのは、LTEや3Gといったモバイルデータ通信を利用した時だけで、Wi-Fiに接続している間はノーカウント。YouTubeで動画を見ようが、HuluやNetflixでドラマや映画を見まくろうが、速度低下の心配はないのです。

そう、Wi-Fi。とにかくWi-Fiに接続するのが、スマホを快適に使うための最も大事なポイントです!

もし自宅に光回線やケーブルテレビなど、インターネット回線が引かれているのであれば、無線LANルーター(Wi-Fiルーター)を用意して、高速かつ使い放題なWi-Fiでのインターネットを手に入れましょう!

自宅にWi-Fi環境を作るには「無線LANルーター」が必要

03

自宅ですでにWi-Fi対応の無線LANルーターがあるならば設定は簡単で、無線LANルーターが発信しているWi-Fi電波に接続するだけでOK。家中でインターネットを楽しむことができます。

一方で通信会社からレンタルしているモデムだけの場合、もしくは有線ルーターの場合は家の広さに合わせて無線LANルーターを用意しましょう。

04

無線LANルーターは幾つかのメーカーが発売しています。こちらはバッファローの「WXR-1900DHP2」。ルーターによって電波の到達距離や速度が異なるので、家のサイズや用途にあわせて選びましょう。3,000円〜15,000円程で購入できます。

また、家庭向けのインターネット回線契約の中には、無線LANルーター をオプションでレンタルできるものもあります。たとえばNTTの東日本の「フレッツ 光ネクスト ギガファミリー・スマートタイプ」では、高速な無線LANルーターをセットでレンタルすることができます。

Wi-Fiに接続する(自宅の無線LANルーターに接続する)

無線LANルーターのWi-Fiに接続していきましょう。メーカーによっては「AOSS」や「らくらく無線スタート」といった接続補助のアプリや規格がありますが、それらを使わずとも実は簡単に接続できます。

無線LANルーターのWi-Fiに接続するには、「SSID」と「暗号化キー」が必要になります。これらはルーター本体に付属されていたり、シールで貼られていたり、説明書に記載されていたりします。

07

・iPhoneの場合
「設定」→「Wi-Fi」をタップしてWi-Fiスイッチをオンに。Wi-FiルーターのSSIDを見つけてタップし、暗号化キーを入力。「接続」をタップする。

08

・Androidの場合
「設定」→「Wi-Fi」をタップしてWi-Fiスイッチをオンに。Wi-FiルーターのSSIDを見つけてタップし、暗号化キーを入力。「接続」をタップする。

これで自宅のインターネット(Wi-Fi)に接続することができます。

格安SIMと一緒にインターネットを引く

自宅にインターネットが来ていない場合は、家庭用インターネットの契約からスタートになってしまいますが、最近はMVNOでも光回線の取り扱い(光コラボ)をはじめ、スマホ契約と家庭用インターネットとを一緒に契約できるようになりました。

09

MVNOで契約する利点としては、セット割引きがある点。例えばIIJmioなどでは格安SIM「みおふぉん」とNTTとの光コラボインターネットサービス「IIJmioひかり」を契約でき、格安SIMと光回線を申し込むと、格安SIMの料金が割引されます。

この格安SIM+光回線というセットは、IIJmio以外にも…

・「OCNモバイルONE」→「OCN光モバイル割
・「DTI」→「DTI 光SIMセット割

など、多くのMVNOで初めているサービスです。

ただし、自分でWebから契約を進めたり。手順が多く、若干難易度が高いのがネック。そのため、店舗での相談や、契約を進められるサービスを選ぶというのも選択肢のひとつです。

10

たとえば、ビックカメラグループではIIJmioと提携しており、格安SIM「BIC SIM」と光コラボ「ビック光」を展開しており、IIJmioの割引サービスである「mio割」を受けられ、格安SIMと光とのセットで毎月600円程安くなります。

『自宅の回線と一緒に格安SIMを始めたい!』
『格安SIMを使っているけど、自宅にもやっぱり固定回線が欲しい』
『自宅のインターネットをもっと安くできないの?』

という方々は、利用したい(利用している)MVNOとの光接続サービスも一緒に検討してみましょう。