2015年5月1日以降に発売された機種は、購入後、約半年後から、SIMロックを解除することが可能になります。発売日すぐに買ったとすると、3月、4月あたりから、昨年の秋冬モデルもSIMロックを解除できるようになっているというわけです。

 

 もちろん、iPhone 6s、6s Plusもその対象。以前、本ブログでレポートしたように、Webからでも簡単にSIMロックを解除できます。では、スマホのもう1つのOSであるAndroidの場合、手順などに違いはあるのでしょうか。11月1日に購入したドコモ版の「Xperia Z5」が5月1日からSIMロックを解除できるようになっていたため、さっそく試してみました。

 

「My docomo」からSIMロック解除の申請をする

Xperia Z5はAndroidですが、SIMロック解除の手順自体はiPhoneとほぼ変わりません。まずは、ドコモのユーザーサポートサイトである「My docomo」にアクセス。ここで、「ドコモオンライン手続き」を選択します。

1

「ドコモオンライン手続き」をクリック

 

 SIMロックの解除は、「その他」の欄にあります。ここでは、その他の中にある、「SIMロック解除」をクリックすればOKです。

2

「その他」にある「SIMロック解除」をクリック

 

 次に、SIMロック解除を行う機種を選択します。今回は、Xperia Z5のSIMロックを解除するため、ここでは「Android」を選択。手続き内容を確認したら、注意事項に同意をして、「次へ」をクリックします。

3

4

「Android」を選択して、注意事項に同意する

 

 最後に、手続き内容を再度確認。問題がなければ、「手続きを完了する」のボタンをクリックしましょう。

5

手続き内容を再度確認

 

Androidの場合、手続き後にもうひと手間かかる

 ただし、これで終わりではありません。iPhoneの場合は自動的に解除されるSIMロックですが、Androidは、もうひと手間かかります。SIMロックの解除が終わると、画面に「SIMロック解除コード」なるものが表示されます。これを間違えないように、メモしておきましょう。

6

「SIMロック解除コード」をメモ

 

 Androidの場合、このSIMロック解除コードを端末に入力する必要があります。SIMロック解除コード入力画面を出すには、ドコモ以外のSIMカードが必要。MVNOのSIMカードだと、大部分がドコモと認識されてしまうため、auやソフトバンク、もしくはこれら2社から回線を借りるMVNOのSIMカードを用意しましょう。

 

 SIMカードを挿し、端末を起動すると、SIMロック解除コードを入力する画面が表示されます。ここに、先ほどメモした数値を入れていきます。数値を入力し終わったら、「ロック解除」ボタンをタップしてください。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Screenshot_20160502-184631

ドコモ以外のSIMカードを挿して端末を起動し、SIMロック解除を入力する

 

 ロック解除ボタンを押すと、通常と同じように端末が起動します。そのまましばらく待っていると、挿したSIMカードの会社の電波をつかみます。ここでは、auのSIMカードを使ったため、画面に「KDDI」と表示されています。

Screenshot_20160502-184732

auの電波をつかんだ

 

 これで、SIMロックの解除はおしまい。あとは、好きな会社のSIMカードを挿して使うことができます。

 

Androidならではの問題点も

iPhoneよりひと手間多いAndroidのSIMロック解除ですが、手順自体は簡単。流れが頭に入っていれば、迷うことは特にないでしょう。ただし、Androidを他社のSIMカードで使う場合、注意したい点もあります。

 

 その代表例とも言えるのが、周波数の違いです。iPhoneは3大キャリアでまったく同じハードウェアが販売されており、SIMロックがかっていない端末であれば、どの会社のSIMカードを挿しても普通に動作します。また、端末側も、すべてではありませんが、基本的に大手3キャリアの主要周波数には対応しています。そのため、SIMカードを挿せば、ネットワークのことはあまり気にせず使えます。

 

 一方のAndroidは、仮に同じXperiaでも、それぞれのキャリアに対応周波数が最適化されているのが一般的。今回SIMロックを解除したXperia Z5を例に取ると、auの持つLTEの周波数と一致しているのは、2GHz帯(Band 1)だけ。そのため、800MHz帯(Band 18/26)を中心にエリアを整備しているauで使うと、他の端末で使うより、電波が弱くなったり、圏外になることが増えたりする可能性があります。

7

ドコモのサイトに掲載されている秋冬モデルの対応バンド

 

 同様に、ワイモバイルのSIMカードを挿してみましたが、こちらも普通に電波をつかみ、通信することができましたが、やはり利用できる周波数帯には制限があります。SIMロックを解除したAndroid端末を利用する際は、この点に注意しておく必要がありそうです。

 

 なお、それぞれの端末の対応している周波数帯は、各社がWebで公開しています。ドコモであれば、このサイトにPDFが掲載されています。他社で使う予定がある場合は、事前に確認しておくといいでしょう。