2016-04-17wa00

使い放題の価格も下がってきました。

ワイヤレスゲートがヨドバシとコラボした使い放題系のプラン、「WIRELESS GATE SIM Fon PREMIUM Wi-Fi 」がスタートしました。特徴としては

・docomo系のMVNO
・ヨドバシカメラ限定
・最大速度3Mbpsで使い放題
・WirelessGate(含Fon)のWi-Fiスポットが利用可能
・価格は1,680円/月〜

という商品になっています。最大速度3Mbpsというのは、「ぷららモバイルLTE」がやはり最大3Mbpsという速度の使い放題MVNOとなっています。こちらは月額2,760円なので、同じ最大速度ながらワイヤレスゲートの方が1,000円以上も安いのです。

MVNOを価格だけで比較するのはオススメできません。付帯するサービスや回線コンディション(通信速度・規制など)とを含めて総合的に判断する必要がありますが、ひとまず使ってみないことには始まりませんよね。

だったら試そう。「WIRELESS GATE SIM Fon PREMIUM Wi-Fi 」を契約

2016-04-17wa01

もし安定した通信速度が見込めるのであれば、外出先でのメイン回線や、引越し先でのメイン回線となり得るかも? 淡い期待を抱きつつヨドバシオンラインからポチりました。データ通信用、SMS付き、音声通話対応という3パッケージで、先着10,000名限定でFonルーターが付属するパッケージがあります。

今回はデータ通信用のFonルーター付属パッケージを購入。価格は3,240円で、月々1,680円となります。FonルーターはSIMを挿して使えるわけではありませんが、まぁ…貰っておけるなら貰っておこう。的な…。

2016-04-17wa02

FonはWi-Fiルーターとして動作すると共に、FonユーザーならアクセスできるWi-Fiスポットとなります。自宅のWi-Fiの一部を外部ユーザーに提供する代わりに、自分も他人のWi-Fiを使わせてもらえるというサービスですね。もし行動範囲内にFonスポットが沢山あるのであれば、自分もFonネットワークに参加し、相互補助に参加してみるのもいいかもしれません。

2016-04-17wa03

SIMカードは厚紙のマニュアルにセットされています。今回はnanoSIMをセレクトしました。接続のためのAPN情報などはこのマニュアルに記載されています。

2016-04-17wa04

セットする端末は使いふるしたZenfone5。テザリング機能を使って、外出時に仕事する時にモバイルルーター代わりに使おうという作戦です。Zenfone5はmicroSIMサイズなので、変換アダプタを利用してnanoSIMをセットできるようにしています。

APNの設定から契約までの流れ

2016-04-17wa05

マニュアルに沿ってAPNを設定。ブラウザを起動すると自動的にワイヤレスゲートの契約ページが表示されました。別途回線を用意して契約手続きを行なわなくても、APNさえ設定すればその場で利用手続きが行なえるのは便利ですね。

手続きはSIMの電話番号や、連絡先、クレジットカード番号などを入力します。手続きが終わるとアプリのダウンロードが勧められるので、そちらをインストールしていきます。

2016-04-17wa06

アプリでは通信量の管理や利用できるWi-Fiスポットの検索、Wi-Fiの接続設定などが行えます。

2016-04-17wa07

アンテナレベルに応じた接続、接続の優先順位の設定ができるのは便利です。電波コンディションの悪いWi-Fiを掴んで離さない!といったトラブルも回避できるのではないでしょうか。Fonだけでなく、Wi2 300、BBモバイルポイントなどを利用できます。

気になる通信速度、快適度は?

セットアップは簡単でした。続いて本題となる通信速度を確認していきましょう。まずは定番の速度調査ツールを使います。12時付近と、15時付近で2回計測したところ…

2016-04-17wa08

・ダウンロード0.65Mbps/アップロード0.45Mbps(12時)
・ダウンロード2.97Mbps/アップロード4.20Mbps(15時)

このような結果となりました。回線が混雑している時間帯である12時付近はやはり大きな落ち込みが見られます。混雑緩和する時間帯になると、スペック通りの速度がでていました。この程度の速度が出ていれば、スマホを使ったWebサイトのチェック、TwitterやFacebookのチェックなども快適に行えます。

2016-04-17wa09

しかし、特定のプロトコルの通信に関しては規制がかかることもあるようです。YouTubeを再生してみたところ、最初はスムーズだったのですが、次第に読み込みが追いつかず止まることも。動画はあまり得意ではないようです。また、ファイルのダウンロードは強力な通信速度規制が行なわれています。アプリのダウンロードが鈍足すぎてストレスがマッハです!

パソコンとの相性は?ノマドワークや自宅のメイン回線として使えるのか?

2016-04-17wa10

Zenfone5を電波の良い窓辺に置いて、テザリングをON。ケーブルで常に充電状態に。完全に据え置き型のルーターとしてセッティングしてみました。スマホでダメなんだから、きっとPC/Macでのダウンロードもダメなんだろうなぁ…。と予想はしていたのですが、その答えがこちら!

2016-04-17wa11

絶望的に遅い! 平然と200kbps代を出してきます。Webの読み込みなどはちゃんとした速度が出ているようで、USENのスピードテストでは1Mbps〜2Mbps程度の数値が出ましたが、とにかくファイルのダウンロードはアテになりません。

仕事のキモであるオンラインストレージとのファイル同期も行なってみたのですが…、

2016-04-17wa12

寝て待て。というレベルです。Webサイトのチェックやブログの更新といった軽めのノマドワークであれば問題ありませんが、いくら使い放題とはいえ、「メイン回線」とするにはかなり厳しいサービスです。YouTubeやニコニコ動画といった動画サービスも再生開始した時点では問題無いように見えましたが、途中から読み込み待ちが連発してしまいました。

ダウンロードやストリーミングに関してはなかなかに厳しい結果となりました。しかしそうは言っても「使い放題」は安心感にも繋がることは事実です。主にWeb巡回やブログ更新、メールのやり取り程度であれば、活躍する機会もあるでしょう。

ただし、そのために1,680円を毎月払うなら、その分通信量の多い上位プランを契約するといった選択肢もあります。この辺りは自分が毎月どれだけ通信するのか?どんな用途で使っているのか? を確認しつつ検討してみるのが良いかもしれませんね。

個人的には動画の読み込みが規制されるのはまぁ良しとしても、ファイルのダウンロードが遅いのはちょっと…辛いなぁ。