タブレットにもPCにもなる


 マイクロソフトのWindowsタブレット「Surfaceシリーズ」に、LTE機能を搭載した「Surface 3」が登場しました。

01

 Surface 3は、10.8インチ(1920×1280ドット)のディスプレーを搭載したWindowsタブレットです。先行して発売されていた「Surface Pro 3」は12インチのため、ディスプレーサイズは一回り小さくなっていますが、そのぶん薄型・軽量でよりモバイル性が高まっています。

 CPUはAtom x7-Z8700(1.6GHz)を採用。Atomと聞くとネットブック全盛時代の「動作が遅くてもっさり」というイメージが強いですが、最新のモデルでは画面のスクロールやソフトの切り替えなど実にスムーズ。さすがに、動画のエンコードや3Dゲームといった負荷の高い作業は厳しいですが、ウェブサイトの閲覧やメールの作成、ビジネス文書の編集といった作業ならまったく問題のないレベルで、キビキビと動作します。

02


02a


 キーボードは付属していませんが、同時発売の「Surface 3 タイプ カバー」(税込み1万6934円)は必須ともいえるアイテム。装着すればクラムシェル型のPCと同じ感覚で利用できます。
 持ち運び時にはカバーとなるので、液晶部分を保護できるのはもちろん、厚さもほとんど増えません。装着時の重量も約908グラムと1kgを切っているのでモバイル性を損なわずにPCおよびタブレットとして使えるわけです。

03

04

 インターフェースはフルサイズのUSB3.0とMini DisplayPort端子が本体右側面に用意されています。また、充電端子はmicroUSBを採用しています。そのため、モバイルバッテリーなどでも充電できそうですが、充電機の出力は2.5Aと高出力。出力の低いモバイルバッテリーでは充電は難しそうです。

05

05a


 本体サイズは約267(W)×187(D)×8.7(H)mm/約641g。背面にはスタンドが装備されていて自立可能です。スタンドの角度は3段階で調整できるので、ポジションをキープできます。

06

07

08

ドコモ系の格安SIMでも使える


 Surface 3の最大の特徴は、SIMスロットを装備していてLTEでの通信に対応している点です。対応バンドは国内向けには、4G LTEがBand1(2.1GHz)、Band3(1.7GHz)、Band8(900MHz)。3GはBand1(2.1GHz)、Band8(900MHz)となっています。
 4G LTEはそのほかBand 7(2.6GHz)とBand20(800MHz)にも対応していますが、国内でこのバンドを採用しているキャリアがないため、海外で現地キャリアのSIMを使うときに利用できます。

09

 Surface 3はワイモバイルと提携しており、ワイモバイルの回線と合わせて購入可能ですが、ワイモバイルの回線契約なしでSurface 3単体での購入できます。
 その際、SIMフリー端末なので、ドコモ系のMVNOも利用可能。実際にIIJmioのSIMを挿入して設定してみたとろ、問題なく通信できました。

10

 ただしマイクロソフトはSurface 3の通信機能について「ワイモバイルの回線に最適化している」と発表しています。通信速度など回線品質については、ワイモバイルを契約した方が良さそうです。

オフィスも使えてビジネスに◎


 本体価格は税込みで8万8344円から。「Surface 3 タイプ カバー」と合わせると10万円を超えてしまいますが、「Microsoft Office Home & Business Premium プラス Office 365 サービス」も付属しており、エクセルやパワーポイントなどビジネス面での機能は十分です。

11

 タブレットとPC両方欲しい、さらにいつでもどこでもインターネットに接続して使いたいという欲張りなユーザーにピッタリのモデルです。