2015-05-14sim00

ちょっぴりフクザツな問題です。

しかし「義務」かどうかを議論する前に、まずはSIMカードのサイズは変更できる。ということをお伝えしなくてはなりません。

キャリアで販売している端末では、端末に対応したSIMカードを発行してもらえます。
しかしMVNOの場合は端末セット以外だと、自分でSIMカードのサイズを選ぶ必要があります。

2015-05-14sim01

「通常SIM」「microSIM」「nanoSIM」という3つ。最近のスマホには通常サイズのSIMはほぼ採用されていないので、microSIMかnanoSIMかでの選択となります。iPhoneの場合は 5以降でnanoSIMとなりました。AndroidではmicroSIMが一般的でしたが、最近の新し目の端末はnanoSIM採用が多くなっています。Xperia Z3やGALAXY S6などもnanoSIMです。

2015-05-14sim02

こうなると、新機種に変えたらSIMが入らなくなってしまった…。という悩みも発生してきます。通販サイトなどを覗くと、SIMサイズを変更できるSIMカッターなどのアイテムもあります。しかし、SIMをパッチンと切るのはあまりにもリスキー。失敗したら使えなくなっちゃいますし…。

格安SIMでも端末に合わせたSIMカードへと変更できる

no title
しかしこれは「詰み」ではありません。
MVNO事業者によっては、SIMカードサイズの変更をサポートしています(全てのMVNO事業者が対応しているわけではありません)。費用は有償で2,000円~3,000円ほどかかりますが、南無三!とSIMカッターでガッチャンコするよりも安全です。もし失敗したらSIMカードが使えなくなってしまいますし、ひょっとしたら取り出せなくなっちゃった!ということもあり得るため、こちらを利用していきましょう。

・IIJmio「SIMカードのサイズ変更はできますか?」
https://help.iijmio.jp/app/answers/detail/a_id/17

・BIGLOBE LTE・3G「SIMカード種別の変更はできますか」
http://faq.support.biglobe.ne.jp/faq_detail.html?id=10426

さて、ここでタイトルの本題が浮かんでくるわけです。サイズ変更や解約するときは新しいSIMカードが送られてくるのですが、手元に残ったSIMカードはどうすればいいのでしょうか?

キャリアの場合ですと窓口で解約するときは、「返却を求められた」という声や、「ん?そのまま持ち帰ってきたよ」という声もあります。ケースバイケースのようですが、本当はどうするべきなの?

SIMカードは誰のもの? MVNO事業者に聞いてみた

2015-05-14sim03

実は、SIMカードはあなたのものではありません。

大事なことなので2回言います。SIMカードというのは自分のものではないのです。SIMカードはキャリアから利用者に貸し出されているものなので、カードサイズの変更や解約時には基本的に貸出元であるキャリアへの返却する必要があります。

この辺りについて、みおふぉんを展開しているIIJmioのサポートセンターにお伺いしてみました。

――改めて確認させてください。SIMカードって誰のものなのでしょうか?

IIJ:SIMカードはNTTドコモのものです。それを、IIJがお客様に又貸ししています。

――どういう時にSIMカードの返却は必要なのでしょうか?

IIJ:例えばサービスの契約終了、SIMカードのサイズ変更、種類変更(SMSなし→SMSありなど)、故障によるSIMカードの交換。といった、利用中のSIMカードを使わなくなった場合全てにおいて返却が必要です。

――もしSIMカードを返却しなかった場合はどうなるのでしょうか?

IIJ:SIMカードを返却いただかなかったことによる請求等はありません。

――回収されたSIMカードってどうなるのでしょうか?

IIJ:最終的にはNTTドコモに返却します。


という感じでしょうか。なお、このルールはMVNO事業者によって異なります。事業者によっては解約後すぐにSIMカードの返却を求めるところもあり、未送付の場合は2,000円~3,000円のペナルティが課せられる事もあるのでご注意ください。

ただし、IIJのようにペナルティが無かったとしても、返却には手間がかかるうえ、送料はユーザー持ちとなります。そのため、SIMカードが無事に帰るかどうかは、ユーザー各々の裁量に左右されるところとなるわけですね。

交換や解約で使わなくなったSIMカード、返さなくてもペナルティが無い。という事になったら、皆さんならどうします? 返します? 返しません?