格安SIMを手に入れた! SIMフリーのスマホも手に入れた! これを入れればすぐに格安のデータ通信が……! 使えません。格安SIMで通信を行なうには「APN」の設定が必要なんです。このAPNの存在が格安SIMのハードル上げている気もするんですよね……。

具体的な手順はというと、APN設定は契約した格安SIMのパッケージや説明書に記載されているアドレスやユーザーIDやパスワードといった接続情報。こちらをスマホに設定する必要があります。こちらはIIJmioのみおふぉんのAPN設定。パッケージに記載されています。

この情報をスマホに設定していくのですが、Android端末の場合は「設定」→「モバイルネットワーク」→「アクセスポイント名」から入力していきます。一方でiPhoneやiPadはと言うと、APNの設定が手動でできません。しかし、各MVNO事業者がAPN情報を持つプロファイルを用意しているので、MVNO事業者の接続案内に従って専用ページからプロファイルをダウンロードし、インストールすればOK。
2015-03-23apn0a
例えばIIJmioの場合ですと「iOS APN構成プロファイル」ページにアクセスして「構成ファイルをダウンロード」をクリックすればプロファイルをインストールできます。具体的なAndroidのAPN設定画面(左)、iPhoneのプロファイル導入画面(右)は以下のとおり。

2015-03-21apn02

でも、このAPN。なんで設定する必要があるのでしょうか? なぜSIMカードを挿しただけでは通信できないの? お答えしましょう。

APNはつまり、接続先情報

シンプルに言えば、APNとは「アクセスポイントネーム」の略で、いわばインターネットの接続先設定なんです。

例えばdocomoから発売されているスマホにはdocomoのSIMを挿せば使える。これは当然ですよね。でもそれができるように、docomoは出荷前に自社スマホにはdocomoのサーバーに接続するための「spmode」や「mopera U」というAPN設定を済ましているんです。これはSoftBankやauでも同じで、自社で取り扱っているスマホには自社APNが全て設定済みとなっています。

一方で、格安SIMはというと、それら大手キャリアの回線を「レンタル」した運営です。あくまでも借りているのは回線だけで、接続先であるサーバーは自社のものであるため、通信を行なうには自社のサーバーに接続するためのAPN設定を導入してもらう必要があるんですね。

わかりやすくdocomoとdocomo系の格安SIM、それぞれの接続ルートを図にしてみましょう。
5a864fcc

多くのMVNOはdocomoの回線を利用しています。そのため、docomoもMVNOの格安SIMも接続する通信網はdocomoのものですが、その先のサーバがAPNの設定によって異なってくるのです。(MVNOへの接続ルートは、厳密に言うなればさらに「ゲートウェイ」という設備が加わるのですが、接続の流れだけをわかりやすくするため、一部を省いて簡易版としました)

格安SIMでAPN設定が不要な端末は?

APNの設定が全ての端末で設定が必須か? というと、そうでもありません。国内でのSIMフリー運用を視野に入れて開発されている端末、もしくはMVNO事業者がセット販売している端末などは、事前にそのMVNO事業者へのAPN設定が済まされている場合もあります。

2015-03-23apn0b
例えばGoogleフラッグシップ機、Nexus 5やNexus 6。AsusのZENFONE 5、LGのG2 mini、HuaweiのAscend Ascend G6、Mate7などは海外製のSIMフリーの端末ですが、日本国内マーケットもシェアに入れて開発されています。そのため、国内向けに販売している端末には、代表的なMVNO事業者のAPNがプリインストール済み。SIMをセットしてAPNを選択すれば、すぐに接続できるようになっています。

ただし念のために、本当にそのAPN設定であっているのか? 接続前にはAPN設定画面を開いて、接続アドレスやID、パスワード、認証方式をちゃんと確認してから利用するようなダブルチェックを行なうと良いでしょう。

2015-03-21apn03

APNの設定は数手順。決して難しくはありません。しかし、間違えると通信できないというトラブル原因にもなりえますので、買ってすぐに使いたい! というのであれば、MVNO事業者が格安SIMとセットで販売している「格安スマホ」を選ぶのもおすすめ。セットで購入する場合は、端末にポイントや保証が付くといった付加サービスも期待できますよ。

現在、さまざまなMVNO事業者が端末セットプランを展開しています。それらのプランに、好みの機種がセットになっているものがあれば、そちらも視野に入れてみてはいかがでしょうか。