スマホをモバイルWi-Fiルーターの代わりに使える「テザリング」は、使いこなせばとても便利な機能。パソコンやタブレット、ゲーム機などのWi-Fiしか搭載されていないデバイスを持ち歩く際に、ルーターが必要なくなります。

 もちろん、専用のルーターを用意することで、スマホのバッテリーの消費を抑えたり、通信を分散させたりといったメリットはありますが、そのためにわざわざ複数台の端末を持ち運ぶのは敷居が高いこと。シェアプランのある回線でなければ通信料をもう1回線分払わなければならないですし、充電する機器が多くなるのは面倒です。

 スマホのテザリングは、設定からスイッチをオンにするだけで簡単に利用できます。各種設定も、スマホ上で変更でき、手軽に使えます。

 このテザリング、実は3種類あることを知っていましたか? 今回は、それぞれのメリットや、どのような利用シーンで使えばいいかを紹介していきます。

記事画像0224-2

「Wi-Fi」「USB」そして「Bluetooth」、3種類あるテザリングをマスター

一番お手軽な「Wi-Fiテザリング」

 一般的にテザリングと言うと、「Wi-Fiテザリング」を指すことがほとんどです。これは、スマホ側の回線を、Wi-Fiで他の機器にシェアする機能のこと。スマホが、家庭や職場に設置しているWi-Fiルーターの代わりになるというわけです。

 メリットは、やはり汎用性の高さ。「お手軽」と言い換えることもできるでしょう。

 スマホが無線LANルーターと同じように振る舞うため、Wi-Fiに接続できる機器のほとんどを使うことができます。

 タブレット、ゲーム機、デジカメ、テレビなどなど、最近では多くのデジタル機器がWi-Fiを搭載しています。これらを、無線LANルーターにつなぐのと同じ手順で設定できるのが、Wi-Fiテザリングのメリットです。

 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 後で紹介するBluetoothテザリングと比べると、速度も十分出ます。テザリングの親機になるスマホと、そこにつなぐ機器との間は、Wi-Fiの速度になるからです。

 論よりも証拠、ということで試しに「IIJmio」のSIMカードが挿さった「Nexus 5」(左)と、そのNexus 5にWi-Fiテザリングでぶら下げた「GALAXY Note Edge」(右)の2台で速度を測定してみました。その結果は以下のとおりです。

Screenshot_2015-02-23-18-09-59Screenshot_2015-02-23-18-23-03

 SIMカードを挿したNexus 5では20Mbps近く出ていましたが、GALAXY Note Edgeでは14Mbps程度に落ちています。Wi-Fi区間で多少減速しているものの、十分な速度が出ていることが分かるはずです。

 ただし、Wi-Fiテザリングも万能ではありません。

 ネックになるのが、Wi-Fiの混雑。多くの人がWi-Fiルーターなどを使うイベントでは、Wi-Fiの電波が多く飛びすぎ干渉してしまい、十分な速度が出ないことがあります。あまりに環境が悪いと、そもそもテザリングの親機につながらないことも。無線ならではの弱点と言えるでしょう。

 また、親機になるスマホの電池の消費量が、通常より激しくなるのもWi-Fiテザリングの難点です。頻繁に使うときは、ポータブル充電器を持ち運ぶとよいでしょう。このような特性を踏まえ、いざという時だけ使うのもWi-Fiテザリングの賢い使い方と言えます。

通信の安定度はピカイチで、充電もできる「USBテザリング」

 Wi-Fiテザリングの弱点である通信の安定性を解決するのが、「USBテザリング」です。

 これは、その名の通り、スマホと何か別の機器をUSBケーブルで接続してテザリングすること。スマホと接続する機器の間が、無線のように不安定ではないため、スムーズに通信できます。

 また、充電とデータ通信の両方に対応しているケーブルを使えば、スマホを充電しながらテザリングすることも可能。電池の消費量が上がるWi-Fiテザリングとは逆の特徴を持っています。ただし、その分PCの電池の消費量が上がってしまうのがネックですが……。PCを充電しながら使うときや、PCの電池に余裕があるときなどには、オススメの方法です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

  デメリットも、Wi-Fiテザリングとは真逆です。当たり前のことですが、USBケーブルを常に持ち歩かなければならず、使い勝手がいいとは言えません。

 汎用性の高いWi-Fiテザリングに対し、接続できる機器も限られます。スマホをデータ通信用のモデムとして認識しなければならないため、単にケーブルでつなぐだけではNG。事実上、PC以外はUSBテザリングの選択肢にはなりえません。

 iPadのようなタブレットや、ゲーム機などは、テザリングできないのです。PC利用時に限定される一方で、通信は安定しているテザリング方法と言えるでしょう。

通信速度は遅いが電池に優しい「Bluetoothテザリング」

 対応機種が意外と少なく、忘れがちですが、「Bluetoothテザリング」という方法も存在します。先に挙げたWi-FiテザリングのWi-Fi部分を、Bluetoothに置き換えたものと言えば、理解しやすいのではないでしょうか。Wi-FiとBluetoothの違いが、特徴の差にもなっています。

 まず、通信速度についてはWi-Fiより大きく劣ります。Bluetoothでの通信速度に、限界があるからです。Wi-Fiテザリングと同様、Nexus 5にGALAXY Note Edgeをぶら下げて通信速度を測ってみましたが、速度は下りで1.8Mbps程度です。

Screenshot_2015-02-23-20-12-40

  設定手順もWi-Fiテザリングほど、簡単ではありません。まず、2台のデバイスをBluetoothでペアリングします。その上でBluetoothテザリングをオンにして、接続する機器側から通信をオンにする必要があります。

Screenshot_2015-02-23-20-21-13Screenshot_2015-02-23-20-21-18

 

Screenshot_2015-02-23-20-22-38Screenshot_2015-02-23-20-21-53

 さらに、対応機器もUSBテザリングほどではありませんが、ある程度限られています。たとえば、Nexus 5の場合、他のAndroid端末やPCではBluetoothテザリングを使えましたが、iPhoneはペアリング後の通信ができませんでした。Bluetoothテザリングの機能を持たない、ゲーム機などもこの方法では接続できません。

 ただし、Bluetoothを使っており、Wi-Fiより消費電力は低くなります。長く使いたいときなどは、こちらの方が便利と言えるでしょう。

 その意味で、Wi-FiテザリングとUSBテザリングの間のような機能がBluetoothテザリングと言えるかもしれません。

テザリング利用にはSIMフリースマホが便利

ドコモ端末+MVNOの組み合わせはNG

 このように便利なテザリングですが、MVNOのSIMカードと合わせて使う際には、注意が必要です。テザリングは、使える端末が限られるからです。

 ほぼすべての端末に搭載されるようになったテザリングですが、ドコモなどの大手キャリアが発売する端末には、独自の仕様が組み込まれています。自社サービスとセキュリティの兼ね合いなどがあり、テザリング時にAPNが変更されてしまうのが、それです。

 変更後のAPNは、元々、その端末を販売していたところのものに限定されており、今のところ設定で変更することができません。

 よくある組み合わせでトラブルになりがちなのが、ドコモ端末とドコモの回線を借りたMVNOのSIMカードを組み合わせたとき。この場合、いくらAPNを設定しても、テザリング時のみドコモの専用APNに強制的に切り替わってしまうため、通信ができなくなります。

 この挙動は、SIMロックを解除しても変わりません。

Screenshot_2015-02-23-21-21-01

  MVNOのSIMカードでテザリングまでフルに使いたいときは、あらかじめさまざまなSIMカードが使われることを想定して開発された、SIMフリー端末がオススメです。

 今回のテザリングの例として使ってきたNexus 5のような端末であれば、テザリングに制限はありません。

 iOS端末も同様で、MVNOのSIMカードでテザリングできることが、IIJのブログで紹介されています(ただし、iOSはバージョンによって挙動が大きく変わる可能性があるため、あくまで現時点のiOS 8以上ならです)。


通信量の使い過ぎにも要注意

 接続する機器にもよりますが、通信量が増えがちになる点にも注意が必要です。

 MVNOは少ないデータ量で済ませられれば、その分料金が安くなります。逆に言えば、利用するデータ量が増えれば増えるほど、料金が上がってしまうということです。

 最初から大容量プランを選ぶよりも、追加で容量を購入する方が割高になりがちです。

 特にPCのような端末をつなぐときは、注意が必要です。PC側からは、ルーターの大元の回線が何なのかは分かりません。そのため、家の固定回線につないでいるときと同じように、バックグラウンドでアップデートファイルをダウンロードしてしまうこともあります。

 Windows PCの場合、Windows 8以上には従量制ネットワークと定額制ネットワークを峻別する機能が搭載されています。

2

  従量制にしておけば、優先度の低いWindows Updateがダウンロードされないなど、データ量を減らすことができるのです。

 こうした設定を駆使して、データを使いすぎないように気をつけましょう。