OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 スマホがデータ通信を行うには、APNの設定が必要になります。APNとは、「Access Point Name」の略称で、文字通りスマホをインターネットにつなげるためのポイントのこと。ドコモ、KDDI、ソフトバンクなどのスマホでは通常、本体を購入した段階で設定済みのため、ユーザーが何か変更を加える必要は原則ありません。

 また、格安SIMと呼ばれるMVNOの場合は、設定値を自分で書き込む必要があります。スマホのOSがAndroidの場合は、「設定」→「その他」→「モバイルネットワーク」→「アクセスポイント名」を開き、ここにSIMカード購入時に渡された設定値を書き込むだけでOKです。

 ところが、iPhoneにはこうした設定項目がなく、MVNOのSIMカードを挿しただけでは通信ができません。せっかくSIMフリーのiPhoneも、通信できないのでは宝の持ち腐れ。今回は、そんな問題を解決する、格安SIMならではの初期設定の方法をご紹介します!

 

プロファイルをMVNOのサイトからダウンロード

iPhoneはAPNを設定できない

 iPhoneには、APNの設定項目がありません。厳密に言うと、設定項目自体がないわけではなく、日本でiPhoneを正式に取り扱うキャリアのSIMカードを入れた時点で画面からそれが消えてしまいます(以下のように、海外のSIMカードを挿すと設定ができることもあります)。

IMG_2678

 

 とは言え、日本でiPhoneを取り扱っているキャリアは、ドコモ、KDDI、ソフトバンクの3社だけ。MVNOのSIMカードを挿して、設定ができなくなるのはおかしいと思う方もいるでしょう。その原因は、MVNOが“回線を借りている”ところにあります。回線だけでなくSIMカードも貸し出し元と同じになっているため、iPhone側には貸し出し元のキャリアと認識されてしまうのです。

 現状では、ほとんどのMVNOがドコモから回線を借りているため、MVNOのSIMカードを挿すと、iPhoneはこれをドコモのSIMカードと判断。ドコモ用のAPNの自動で設定して、設定項目を隠してしまいます。KDDIから回線を借りているmineoのSIMカードを挿しても、同様の事象が起こります。

 実際にサービスを行っている通信事業者以外のAPNが設定されてしまうわけなので、この状態だと当然データ通信はできません。

 これを解決するのが、プロファイルです。

 

プロファイルをダウンロードしてAPNを書き換える

 ただし、隠されてしまったAPNは強制的に書き換えることが可能です。それを行うのが、「プロファイル」です。プロファイルとは、iPhoneの設定を書き換えるファイルのことで、APNの設定もここに含まれます。MVNOによっては、このプロファイルを用意しているため、まずは自分の契約している会社のサイトにアクセス。プロファイルをダウンロードしましょう。

 ここでは、BIGLOBEを例に説明します。

 

 プロファイルを用意したページに飛び、リンクをクリックするとプロファイルがダウンロードされ、インストールを求められます。ここでは、「インストール」をタップします。

IMG_2671

IMG_2673

 

 「未検証のプロファイル」という注意書きが表示されますが、特に心配はいりません。ここでも「インストール」をタップすればOKです。

IMG_2674

 

 最後に、iPhoneのパスコードを入力します。自分で設定したパスコードを入力してください。

 これでプロファイルのインストールが完了しました。インターネットにも、接続できます。

IMG_2675

IMG_2676

 

 このように、プロファイルを用意しているMVNOであれば比較的簡単に設定ができます。注意したいのは、SIMカードとは別の何らかの方法でインターネットに接続する必要があること。データ通信をしたいのに、別の方法でデータ通信をしなければ設定できないというのは少々矛盾しているように感じますが、Wi-Fiにつないでプロファイルをダウンロードしてくるのが、一番手っ取り早い方法です。

 

MVNO大手はプロファイルを用意していることが多い

 MVNOの多くは、iPhone用のプロファイルが用意しています。ここでは、IIJ、日本通信、BIGLOBEのプロファイル用ページにリンクを張っておくので、SIMフリーiPhoneをMVNOで使う方はぜひ参考にしてみてください。

 

IIJのプロファイルページ

BIGLOBEのプロファイルページ

日本通信のプロファイルページ

 

プロファイルは自分でも作れる

プロファイルを用意していないMVNOの場合

 とは言え、すべての会社がiPhone用にプロファイルを用意しているわけではないので、注意が必要です。MVNO大手の中でも、OCNの「モバイルONE」などには、ダウンロードできる公式のプロファイルはありません。このようなときは、どうすればいいのでしょう。

 答えは、自分でプロファイルを作ることです。アップルは、iPhoneのプロファイルを作る「iPhone構成ユーティリティ」というPC用ソフトを公開しています。このソフトにはWindows、Mac用があります。それぞれのリンクは次のとおり。まずは、このソフトをPCにインストールしましょう。

 

Windows用のiPhone構成ユーティリティ

Mac用のiPhone構成ユーティリティ

画像7 

iPhone構成ユーティリティでAPNを作成

 iPhone構成ユーティリティをインストールしたら、このソフトを起動しましょう。

 次に、画面左の「ライブラリ」欄に表示されている、「構成プロファイル」をクリックします。プロファイルは、ここから作成することができます。

画像8

 

 ここでは、新たなプロファイルを作るため、画面上にある「新規」ボタンをクリックします。

画像9

 

 次に、プロファイルの名称を設定します。名称は任意で構いませんが、ここでは「OCN」にしておきます。識別子はOCNの場合「ocn.profile」になります。

画像10

 

 画面左から「APN」を選択。「APNを構成」の画面が表示されたら、「構成」をクリックします。

画像11

 

画像12

 

 ここにAPN、ユーザー名、パスワードを入力していけば完成!

 OCNでLTE対応のiPhone 5s、5c、5を使うときは、APNに「lte-d.ocn.ne.jp」と入力しましょう。ユーザー名、パスワードは認証用のものを入力するだけです。

画像13

 

 プロファイルが出来上がりました。あとは、そのPCとiPhoneをケーブルで接続してもインストールしてもOKですし、プロファイルをファイルとして書き出すこともできます。ファイルとして書き出したときは、メールに添付してiPhoneに送るだけ。あとの手順については、プロファイルが用意されている場合と同じです。

画像14

 

 このように、iPhoneはMVNOの格安SIMで使う場合、少々特殊な設定が必要です。

 とは言え、慣れてしまえばそれほど難しくはありません。iPhoneユーザーは、ぜひチャレンジしてみてください。